日本民謡フェスティバル

平成28年6月26日(日)にNHKホールで開かれた日本民謡フェスティバル( 主催:公益財団法人 日本民謡協会)が、昨日8月28日にNHKテレビで放送された。

日本各地で開催される民謡全国大会。その優勝者50名が年に一度集結し「民謡日本一」を目指して自慢の“のど”を競い合う「日本民謡フェスティバル」。民謡界最大のイベントであり、歌手を志す人なら誰もが出場を夢見る場所でもある。日本民謡フェスティバル2005(平成17年 5月15日(日))では、福田康平さん(現在歌手の福田こうへい)が箱根馬子唄で奨励賞を獲得している。

日本民謡フェスティバル2008(平成20年 5月25日(日))では、福岡県芦屋市出身の民謡歌手:中西 奈津子さんが佐賀箪笥長持唄でグランプリに輝いている。

さて、今年の栄えあるグランプリに輝いたのは津軽音頭を唄った村上良作さんに決定。
日本民謡フェスティバル2016はこちら

関連記事

おすすめ記事

  1. グランプリ
  2. 発表会
  3. 民謡試験会場
  4. 九州民謡巡り

民謡教室のご案内

民謡教室
私たちの教室は3歳から80歳を超える老若男女の生徒さんたちで賑わっています。生徒さん全員と言って良いほど民謡がまったくの初心者からスタートしています。月2回のレッスンでみるみるうちに上達している生徒さんの笑顔がなによりです。
>>詳しく見る

三味線教室のご案内

三味線教室
三味線を弾きたい!思い立ったが吉日です(笑)。三味線もまったくのゼロから始められ、今では財団法人日本民謡協会の認定講師になっている方も多数おられます。発表会やイベントでも三味線の音色にお客様もうっとり♪
>>詳しく見る

尺八教室のご案内

尺八教室
若い女性の間でも尺八が静かなブームですね。宗像楽謡会では2019年6月に尺八教室を開講します。同時に尺八を手作りできる教室も開講します。どうぞお気軽に民教教室の体験会にご参加お待ちしています。
>>詳細はこちら

PAGE TOP