第22回九州北部連合大会で宗像楽謡会が総合グランプリ2連覇!

グランプリ

12月1日(日)中間市ハーモニーホールにおいて民謡・民舞の九州北部連合大会(財団法人日本民協会共催)が開催。

民謡をこよなく愛する200人を超える老若男女が日頃の鍛錬を披露し、会場も大盛りあがり。

オープニングの合唱コンテストでは、コンテストに出席した楽謡会会員全員による貝殻節を合唱しました。
各部門で勝ち抜いた人たちが競う、総合優勝では、宗像楽謡会会員の西尾律子さんが佐賀県民謡の松浦潟を熱唱して総合優勝しました。
(上左:西尾律子さん、右:畑先生)

また、上位にも数名の会員さんも入賞。
グランプリで2連覇を達成したのは、畑先生の指導と生徒さん本人の努力が一つになった結果だと思います。
また会員さん個々の実力も年々アップしており、大会参加者数も宗像楽謡会が一番多かったようです。

今年は、本日の第22回九州北部連合大会を持ちまして、大方のイベントは終了しました。
来年はより一層の活躍を期待したいものです。

関連記事

  1. 人吉駅
  2. 敬老会に慰問
  3. 球磨川
  4. 長寿を祝う会

おすすめ記事

  1. グランプリ
  2. 発表会
  3. 民謡試験会場
  4. 九州民謡巡り

民謡教室のご案内

民謡教室
私たちの教室は3歳から80歳を超える老若男女の生徒さんたちで賑わっています。生徒さん全員と言って良いほど民謡がまったくの初心者からスタートしています。月2回のレッスンでみるみるうちに上達している生徒さんの笑顔がなによりです。
>>詳しく見る

三味線教室のご案内

三味線教室
三味線を弾きたい!思い立ったが吉日です(笑)。三味線もまったくのゼロから始められ、今では財団法人日本民謡協会の認定講師になっている方も多数おられます。発表会やイベントでも三味線の音色にお客様もうっとり♪
>>詳しく見る

尺八教室のご案内

尺八教室
若い女性の間でも尺八が静かなブームですね。宗像楽謡会では2019年6月に尺八教室を開講します。同時に尺八を手作りできる教室も開講します。どうぞお気軽に民教教室の体験会にご参加お待ちしています。
>>詳細はこちら

PAGE TOP