平成最後の北部九州連合大会で躍進!

連合大会

2018年12月2日(日)中間市ハーモニーホールで第21回北部九州連合大会が開かれ、宗像楽謡会会員30数名が参加。参加教室の中でも最大規模の参加人数で会場を盛り上げました。開会式には財団法人日本民協会の部長さんや中間市長の挨拶、祝辞をいただき開演。
オープニングプラグラムの合唱の部では宗像楽謡会はおそろいの法被を着て登壇。
小倉節を唄って2位に入りました。

当会会員の可愛い2歳の女の子が太鼓をたたき、5歳の男子がソーラン節を唄ったり、このほか2組の可愛い子供さんも熱演して大喝采をもらいました。

個人戦は7つの年代種目に分かれて、そのうち3の年代種目で優勝しました。
総合優勝を決める優勝者勝ち抜き戦でも宗像楽謡会員の若手さんが優勝。
来年の内閣総理大臣杯の出場を決めました。

また優勝者以外にも、各種目に入賞者が出るなど、当会会員が大躍進を遂げました。
日ごろの鍛錬の賜物ですね。

関連記事

  1. シニア大会
  2. グランプリ
  3. 宗像民謡発表会
  4. 民謡九州北部連合大会

おすすめ記事

  1. グランプリ
  2. 発表会
  3. 民謡試験会場
  4. 九州民謡巡り

民謡教室のご案内

民謡教室
私たちの教室は3歳から80歳を超える老若男女の生徒さんたちで賑わっています。生徒さん全員と言って良いほど民謡がまったくの初心者からスタートしています。月2回のレッスンでみるみるうちに上達している生徒さんの笑顔がなによりです。
>>詳しく見る

三味線教室のご案内

三味線教室
三味線を弾きたい!思い立ったが吉日です(笑)。三味線もまったくのゼロから始められ、今では財団法人日本民謡協会の認定講師になっている方も多数おられます。発表会やイベントでも三味線の音色にお客様もうっとり♪
>>詳しく見る

尺八教室のご案内

尺八教室
若い女性の間でも尺八が静かなブームですね。宗像楽謡会では2019年6月に尺八教室を開講します。同時に尺八を手作りできる教室も開講します。どうぞお気軽に民教教室の体験会にご参加お待ちしています。
>>詳細はこちら

PAGE TOP