19回民謡民舞九州北部連合大会で総合優勝!

民謡九州北部連合大会

12月11日(日)に中間市の中間ハーモニーホールで、日本民謡協会の19回民謡民舞九州北部連合大会が開催され宗像楽謡会から28名が参加。
宗像楽謡会は設立4年の若い民謡倶楽部であるにも関わらず、各組優勝者による協会旗争奪戦において、佐賀箪笥長持ち唄を唄った黒川さんが総合優勝を果たした。


黒川さんは、佐賀箪笥長持ち唄を唄いつづけて2年。ついに念願達成!
2017年は東京での全国大会にも出場決定しました。
さらに3名の会員が上位入賞を達成。


この他の会員さんも熱唱し、僅差で残念ながら入賞を果たせなかったが、畑楽謡(三味線・唄の指導)先生と畑博謡(尺八)先生の熱い指導による練習成果が評価された。

大会の最後は、畑先生が大会終了の挨拶と来年に向けての抱負を語られ無事終了しました。


2017年は12月3日(日)に開催されることも決定し、また明日から新しい一歩が始まります。来年は今年以上の入賞者を出すためにも切磋琢磨してまいりましょう。

関連記事

  1. シニア大会
  2. 球磨川
  3. 宗像民謡発表会
  4. 関の鯛つり唄日本一大会

おすすめ記事

  1. グランプリ
  2. 発表会
  3. 民謡試験会場
  4. 九州民謡巡り

民謡教室のご案内

民謡教室
私たちの教室は3歳から80歳を超える老若男女の生徒さんたちで賑わっています。生徒さん全員と言って良いほど民謡がまったくの初心者からスタートしています。月2回のレッスンでみるみるうちに上達している生徒さんの笑顔がなによりです。
>>詳しく見る

三味線教室のご案内

三味線教室
三味線を弾きたい!思い立ったが吉日です(笑)。三味線もまったくのゼロから始められ、今では財団法人日本民謡協会の認定講師になっている方も多数おられます。発表会やイベントでも三味線の音色にお客様もうっとり♪
>>詳しく見る

尺八教室のご案内

尺八教室
若い女性の間でも尺八が静かなブームですね。宗像楽謡会では2019年6月に尺八教室を開講します。同時に尺八を手作りできる教室も開講します。どうぞお気軽に民教教室の体験会にご参加お待ちしています。
>>詳細はこちら

PAGE TOP